読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちご瓶

ミュージカルとかアクセサリーとか

『フランケンシュタイン』と神様について

先日、私の所属している研究室で今年度最初のゼミがあった。

 

内容は遺伝子組み換え実験についてだったのだが、途中教授がこんなことを言っていた。

遺伝子組み換えは自然に反することだからダメって言われたら、あなたの神様は許さないかもしれないけど、私の神様は遺伝子組み換え実験を許したって言えばいい。これが通用するのは限られた宗教だけどね。イスラームとかキリスト教では神様1人だから 気をつけてね」

 

ただの雑談としてこの話が出たのだが、私はふとミュージカル『フランケンシュタイン』を思い出した。

アンリとビクター達はスイスの人だからキリスト教信者である可能性が極めて高いのでは???

果たしてキリスト様は人体実験を許したのか???

 

実際に序盤のシーンで神様の行ったことにこの実験は反するだとか反さないだとか言っているシーンがあったはず。。。

 

仮にアンリとビクター2人ともキリスト教信者だとすると、ビクターの神様が人体実験を許していて、アンリの神様は許していないとしたら、宗教の教えと2人の考え方に大きな矛盾が生じる。

となると、アンリとビクター2人とも神様は人体実験を許してくれるという考えだったのではないだろうか。

 

結論。

神様への考え方含めて共に歩める相棒ができて本当に良かったね、ビクター。