読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちご瓶

ミュージカルとかアクセサリーとか

『紳士のための愛と殺人の手引き』感想

2017年4月28日マチネで観劇。

この回のモンティ役は柿澤勇人さん。

 

f:id:sie0105:20170429111432j:plain

 

劇場内に入り、座席についてびっくり。

公式ツイッターでの呟きなどから何となく予想はしていたけど、それよりも凝った舞台。

物語の世界に合っていたと思う。

 

照明の使い方も綺麗で二階席から観て良かったと思った。

 

トニー賞を受賞したことのある作品とだけあって、物語も面白かった。

なんども客席に笑い声が響くシーンがあり、リラックスして観ることができた。

私もたくさん笑わせてもらった。

 

もっと早くに観てリピートしたかったなと思わせてくれる作品だった。

いつも千秋楽間際に焦って当日券で行くから今度当日券を利用するときはもっと余裕を持ってリピートできる様にしよう。。。

 

公式サイト▼

日生劇場 ミュージカル『紳士のための愛と殺人の手引き』